第6回長野松代ライオンズクラブ北信少年柔道団体優勝大会の申込について

 申込方法

以下のいずれかの方法で申し込んでください。

  1. Webサイトから申し込む場合
    申込書をダウンロードして、必要事項を記入の上、このページの下にある申込フォームから申し込んでください。
  2. E-mailで申し込む場合
    申込書をダウンロードして、必要事項を記入の上、bunbukan@gmail.comへ送ってください。
  3. FAXで申し込む場合
    以下の番号へ申込書を送ってください。
    026-278-2502(峯村自宅)
  4. 郵送で申し込む場合
    以下の住所へ申込書を送ってください。
    郵便番号381-1233 長野市松代町清野1937 峯村鉄郎

申込書のダウンロード

大会要項

申込フォーム

[contact-form-7 id=”524″ title=”第6回長野松代LC北信少年柔道団体優勝大会 申込フォーム”]

平成25年北信少年柔道大会

試合結果を報告します。

平成25年北信少年柔道大会
とき 平成25年2月10日
場所 長野運動公園総合体育館柔道場

団体戦のみ
文武館A 3位と表彰されましたが、実際には4位
文武館B 2回戦

文武館Aチームは3月20日に松本市柔剣道場で開催される県大会に出場します。

2013-02-10北信少年柔道大会

第9回東御市柔道体重別交流試合

試合結果を報告します。

第9回東御市柔道体重別交流試合
とき 平成25年1月20日
場所 東御市武道館

小学1・2年生男子軽量級
準優勝 宮下 歩

小学5・6年生男子軽量級
準優勝 宮沢泰知

以上2名が入賞しました。

入賞まで後一歩の選手が大勢いました。相手を投げようという気持ちをもっと強く持とう。みんな、技が上達していると思います。後は、投げようという気持ちをもっと強く持って、力を入れるようにしてみると投げられるようになると思います。これからの練習ではそういうことを心がけましょう。

6年生にとっては最後の大会でしたね。思い通りの結果になった人はいなかったと思います。でも、今日までの柔道の練習や試合の経験がこれからの君たちの生きる力になります。必ずなります。これから卒業までの間、君たちが学んだことを後輩に伝えるようにしてください。

とにかく、もっと練習しよう。

2013-01-20第9回東御市大会

2013年鏡開き

2013年1月13日(日)文武館は鏡開きを行い、2013年の活動を開始しました。

 日中は暖かくなったものの、朝は厳しい寒さで足の裏が凍りました。
それでも練習を始めると暑くなり、子どもたちの方からストーブを止めようという声がかかりました。

正月でなまった体を呼び起こす、いい練習ができたと思います。

練習後は保護者のみなさんに用意していただいたお雑煮とお汁粉をいただきました。

一年間、けがをすること無く、楽しく柔道を続けられることを祈りました。

平成25年稽古始めのご案内

平成24年12月9日 

 

各位

 

長野市柔道協会  

会長 長谷部光一 

 

 

平成25年稽古始めについて(ご案内)

 

 

師走の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

平成25年の稽古始めを下記のとおり開催します。多くの皆様にご参加いただきますようお願いします。

寒さはこれからが本番です。皆様が健康で新年を迎えられますことをお祈り申し上げます。

 

 

 

日時 平成25年1月1日 午前9時30分開場

              午前10時から午前11時30分まで

 

場所 長野運動公園総合体育館柔道場

第39回長野市紅白柔道大会

試合結果を報告します。すべての結果を掲載します。
本大会はたくさんの方のご協力により開催することができました。ありがとうございました。

紅白戦は最後まで目が離せない展開で、大将戦が引き分けとなり、優勝杯は事務局預かりとなりました。
大人の試合を見ることができる数少ないチャンスです。盛り上がりました。来年も多くの皆様に参加していただけるようお願いします。

第39回長野市紅白柔道大会
とき 平成24年12月9日
場所 長野運動公園総合体育館柔道場

【紅白戦】

引き分け

最優秀選手賞 小宮山幸広

優秀選手賞 白鳥志保、飯島健

技能賞 中澤将太、浦野一馬、山浦優一

敢闘賞 齋藤和也、髙山翔太、河原奨太、稲田真幸、久保田博明

【小学生の部】

1・2年生男子

①小宮山遼(若穂柔剣道育成会)②山口遼馬(文武館)③竹内宙(若穂柔剣道育成会)③鈴木悠太(若穂柔剣道育成会)

3年生男子

①小林優太(長野市中央柔道教室)②藤森翔汰(若穂柔剣道育成会)③内山知哉(文武館)③小田切一真(文武館)

4年生男子

①傳田理悠(長野市柔道クラブ)②山本迅人(倉嶋塾武道館)③中島琉斗(倉嶋塾武道館)③丸山涼雅(文武館)

5・6年生男子-38kg

①宮沢泰知(文武館)②小布施彰悟(長野市中央柔道教室)③村松蒼真(長野市中央柔道教室)③丸山祐季(文武館)

5・6年生男子-48kg

①井口郁也(文武館)②井川諒哉(文武館)③佐藤大雅(若穂柔剣道育成会)③青木輝(文武館)

5・6年生男子+48kg

①長谷川大輔(長野市柔道クラブ)②大田ハヤト(長野市柔道クラブ)③町田良斗(文武館)③松林良(文武館)

1・2年生女子

①山本乃愛(倉嶋塾武道館)②傳田理沙(文武館)③小池茉佑李(文武館)③石井玲希(文武館)

3年生女子

①佐藤日和(若穂柔剣道育成会)②丸山莉央(若穂柔剣道育成会)③関本汐莉(若穂柔剣道育成会)③青木涼花(文武館)

4・5・6年生女子-35kg

①岩原早紀(文武館)②轟なな子(若穂柔剣道育成会)

4・5・6年生女子+35kg

①大杉琴子(長野市中央柔道教室)②丸山紗矢(若穂柔剣道育成会)③黒岩千里(倉嶋塾武道館)

送信者 2012-12-09第39回長野市紅白柔道大会

第39回長野市紅白柔道大会のご案内

長野市柔道協会が開催する「第39回長野市紅白柔道大会」のお知らせをいたします。

第39回長野市紅白柔道大会 大会要項

1 趣旨

柔道の普及発展と次世代を担う少年・少女の健全な心の育成を目的に、小学生から一般まで交流し、日々の稽古の成果を試す機会とすること。

2 主催

長野市柔道協会

3 共催

長野りんどうライオンズクラブ 北信柔道連盟

4 後援

(財)長野市体育協会 長野市教育委員会 信濃毎日新聞社 長野放送株式会社

5 日時

平成24年12月9日(日) 午前8時30分開場 午前9時開会式

6 会場

長野運動公園総合体育館柔道場

7 参加資格

以下のいずれかを満たし、スポーツ安全保険に加入している者とする。

(1)長野市内に在住・在勤・通学する者

(2)長野市内の道場で稽古している者

(3)長野市柔道協会の会員および生徒

8 試合方法

国際柔道試合審判規定により行う。

(1)中学生以上は紅白二組に分けて勝ち抜き戦を行う。試合時間は3分間。

(2)小学生は個人戦を行う。試合時間は2分間。階級は以下の通り。人数によっては組み替えを行う。

○小学1・2年生、小学3年生、小学4年生それぞれ男女別

○小学5・6年生男子 -38kg、-48kg、+48kgの3階級

○小学5・6年生女子 -40kg、+40kgの2階級

9 参加料

1人200円(団体ごとにとりまとめ、当日受付で納入してください)

10 表彰

紅白戦の優勝チームには優勝杯と賞状を贈る。個人賞として最優秀選手賞1名、優秀選手賞2名、技能賞3名、敢闘賞(3人以上勝ち抜き)を選考し、賞状とトロフィーを贈る。

小学生の部は各階級の1位から3位までの選手に賞状とメダルを贈る。3位決定戦は行わない。

11 申込

所定の用紙に記入し、平成24年11月22日(木)までに事務局へ申し込むこと。

12 その他

(1)試合中の負傷については応急処置のみ行う。必ずスポーツ安全保険に加入すること。

(2)試合前に計量は行わない。

 

第46回長野市少年柔剣道大会

試合結果を報告します。

第46回長野市少年柔剣道大会

とき 平成24年9月23日(日)

場所 長野運動公園

団体戦

文武館A 3位

個人戦

小学1年生男子
優勝 山口遼馬
3位 小俣諒真

小学1・2年生女子
優勝 傳田理沙
3位 小池茉佑李
3位 石井玲希

小学3・4年生女子
3位 白井香花

小学5年生男子
3位 白井琢己

小学6年生男子
優勝 月岡迪彦
準優勝 町田良斗

小学6年生女子
準優勝 岩原早紀

あと少しで勝てたのに!!という試合がたくさんありました。そこで勝てるか勝てないか。これが実力というものなのでしょうか。惜しい試合を嘆くよりも、力をつけて今度は一本勝ちをしよう。

 

2012-09-23第46回長野市少年柔剣道大会

第36回信越少年柔道大会

試合結果を報告します。

第36回信越少年柔道大会
とき 平成24年8月26日
場所 中野市民体育館

団体戦

文武館A ベスト8
文武館B 一回戦敗退

個人戦

小学6年生の部

優勝 宮沢泰知
3位 岩原早紀
3位 井口郁也

新潟県の上越地区、長野県の北信地区から小中学生が集まって大会が行われました。
団体戦では今一歩のところでメダルに届かず、残念な思いをしました。

個人戦では6年生が大活躍し、上位4人中3人を文武館が占めるという快挙を成し遂げました。
成長期を迎え、体格のいい選手が活躍しがちな6年生の部で、比較的軽量の宮沢泰知君が優勝したことはとても嬉しいことです。

来年の大会は長野市で行われます。今回活躍できなかった選手も来年には飛躍し、活躍できるよう頑張ろう。

 

2012-08-26第36回信越少年柔道大会

平成24年第1回 部内大会

平成24年7月29日、文武館では部内大会を開催しました。

この日は朝から暑く、子どもたちの元気も合わさり道場内は熱気に包まれました。

 

試合の前に、6年生の井口郁也君と丸山祐季君による形の演舞を行いました。

二人は5月19日に行われた小学生「投の形」競技大会長野県予選会に出場し、5位という成績を収めています。

いつも一緒に練習している仲間の演舞は、他の子どもたちへのよい刺激になったと思います。

 

学年別に総当たり戦を行った後、紅白に分かれて紅白試合を行いました。

結果は引き分け。最後まで目が離せないスリリングな戦いでした。

 

保護者会で用意してくださったお弁当を食べた後は、ビンゴゲームで盛り上がりました。

暑い夏を団結力で乗り切っていこう!と思った夏のひとときでした。

 

2012-07-29部内大会

第17回長野県少年・少女柔道チャンピオン大会

試合結果を報告します。

第17回長野県少年・少女柔道チャンピオン大会
兼 第9回全国小学生学年別柔道大会長野県予選会

とき 平成24年6月17日
場所 上田市自然運動公園総合体育館

少年の部

小学1年生
準優勝 山口遼馬

以上です。

山口遼馬君の決勝戦の相手は小林錬成塾の北原選手でした。二人は5月13日の予選会でも対戦し、その時は山口君が勝ち、優勝していました。今回も決勝戦で対戦した二人でしたが、今日は北原選手の勝ちでした。
勝ったり負けたり、嬉しかったり悔しかったりして次に向けて頑張るぞという気持ちになって欲しいです。

それからもう一つ

北信から出場した選手のうち、中村道場の角選手が優勝しました。昨年に引き続きの優勝です。鹿児島で行われる全国大会に出場します。おめでとう!健闘を祈る!

2012-06-17第17回長野県少年・少女柔道チャンピオン大会

第20回柔道愛好会杯北信少年柔道大会

試合結果を報告します。

第20回柔道愛好会杯北信少年柔道大会
兼第17回長野県少年・少女柔道チャンピオン大会北信予選会
兼第9回全国小学生学年別柔道大会北信予選会

とき 平成24年5月13日
場所 長野運動公園

全て個人戦の大会。学年別、男女別で、5,6年生は体重でも分かれています。

【少年の部】
小学1年生
優勝 山口遼馬
3位 小俣諒真

小学3年生
4位 内山知哉 (賞状は3位)

小学5年生45kg超級
4位 宮澤鈴太郎(賞状は3位)

小学6年生50kg以下級
準優勝 宮沢泰知
4位 丸山祐季 (賞状は3位)
ベスト8 井口郁也

小学6年生50kg超級
準優勝 町田良斗

【少女の部】
小学1年生
準優勝 小池茉佑李

小学2年生
準優勝 傳田理沙

小学3年生
3位 白井香花
ベスト6 青木涼花

小学6年生45kg以下級
優勝 岩原早紀

以上の選手は6月17日に上田市自然運動公園で行われる第17回長野県少年・少女柔道チャンピオン大会に出場できます。
練習するにはちょうどいい季節です。他の道場の選手も一生懸命練習してどんどん強くなっています。
お互いに切磋琢磨して、道場を盛り上げていこう。

2012-05-13愛好会杯北信少年柔道大会

第5回長野松代ライオンズクラブ北信少年柔道団体優勝大会

大変遅くなりましたが、試合結果を報告します。

本大会は長野松代ライオンズクラブが主催するもので、今回で5回目となりました。
松代城の桜がきれいな時期に開催する大会ですが、今年はちょっと早かったようです。

今回も北信地区から23チームの出場があり、会場内は熱気に包まれました。短い時間でしたが、子どもたちのファイトに熱くなり、柔道っていいなと思いました。
出場してくれた子どもたち、指導員の皆様、保護者の皆様のお陰でいい大会となりました。感謝申し上げます。

さて、試合結果を報告します。

低学年の部
 優勝   長野市中央柔道教室
 準優勝  文武館A
 3位   若穂柔剣道育成会B
 3位   須坂市柔道教室

高学年の部
 優勝   須坂市柔道教室A
 準優勝  文武館A
 3位   長野市中央柔道教室
 3位   小林錬成塾

平成24年北信少年柔道大会

試合結果を報告します。

 平成24年北信少年柔道大会
 兼 第32回全国少年柔道大会長野県北信地区予選会

 とき 平成24年2月19日
 場所 長野運動公園

 <お詫び>
 8時15分集合とお知らせしたものの道場が8時30分まで開かず、文武館の皆様には寒い中お待ちいただくことになってしまい、申し訳ありませんでした。 長野運動公園の柔道場は8時30分以降でないと開かないそうです。次から気をつけます。
<お詫びおわり>

 全国大会までつながる大事な大会です。上位4チームが県大会に進める。文武館からは2チームが参加しました。 欲を言えば2チームとも参加!と行きたいところですが、結果は、、、

 文武館A 準優勝
 文武館B 1回戦敗退

 文武館Aは3月20日(火)に松本で行われる県大会に出場します。Bチームもよく頑張りました。 県大会に向けて練習に励もう。

2012-2-19北信少年柔道大会

第8回東御市柔道体重別交流試合_東御市大会

試合結果を報告します。
長野県の広い範囲から総勢260名の児童が集まり、個人戦の大会が行われました。

寒い時期の練習の成果が試される試合でした。
寒さのせいか、緊張のせいか、自分の力を出し切れないまま負けてしまう選手や、気合い十分で、今までにない強さを見せる選手まで、様々でした。
今日は負けても、明日勝てるようにまた頑張ろう。

第8回東御市柔道体重別交流試合
とき 平成24年2月5日
場所 東御市武道館

年長の部
 準優勝 山口遼馬
 敢闘賞 小池茉佑李

3,4年生男子軽量級の部
 3位  丸山涼雅

3,4年生男子中量級の部
 3位  白井琢己

5,6年生男子軽量級の部
 3位  大内龍太郎

5,6年生女子軽量級の部
 3位  岩原早紀

2012-02-05第8回東御市柔道体重別交流試合

第38回長野市紅白柔道大会

試合結果を報告します。
今年最後の大会。今まさに伸びようとしている子どもたちの、それぞれの頑張りが見えました。試合の結果だけにとらわれず、大きな山を目指して登っていってもらいたいものです。

小学1、2年生女子の部
 優勝  白井香花
 3 位  傳田理沙

小学4年生男子の部
 優勝  白井琢己
 3位  大内光史郞
 3位  宮澤鈴太郎

小学5、6年生男子−38kgの部
 準優勝 宮沢泰知
 3位  丸山祐季

小学5、6年生男子−48kgの部
 準優勝 月岡迪彦
 3位  井口郁也

小学5、6年生男子+48kgの部
 3位  町田良斗
 3位  井川航汰

小学5、6年生女子−40kgの部
 準優勝 岩原早紀

2011-12-11第38回紅白柔道大会

第44回須坂市柔道大会

試合結果を報告します。

第44回須坂市柔道大会

とき 平成23年11月6日(日)
場所 須坂市柔道場

44回の歴史ある大会です。文武館からは3人の選手が入賞しました。

2年生以下の部
3位 内山知哉

4年生の部
優勝 白井琢己

5年生の部
優勝 宮沢泰知

第45回長野市少年柔剣道大会

試合結果を報告します。

第45回長野市少年柔剣道大会
とき 平成23年9月23日(金)
場所 長野運動公園

<団体戦>
文武館A 3位

<個人戦>
小学5年生男子の部
優勝   宮沢泰知
準優勝  月岡迪彦
3位   丸山祐季

小学5年生女子の部
準優勝  岩原早紀

文武館から入賞したのは5年生だけでしたが、入賞しなかった選手もよく頑張りました。
今日勝てなくてもいい。君たちには伸びしろがたくさんあるんだから、次に勝てるように頑張ろう。体の成長とともに、今は効かない技が効くようになってくるはず。続けることが大事だと思います。
また練習しよう。

2011-09-23第45回長野市少年柔剣道大会

平成23年度指導者講習会

平成23年9月4日、小諸武道館で指導者講習会が開催され、文武館から7名の指導者が参加しました。
 
柔道はそもそも身を守るための術ですが、その柔道をやっていてけがをしてしまう事例が後を絶ちません。 講習会では安全指導に重点を置き、講義と実技がありました。

 文武館では今後とも安全な指導を心がけて参ります。また、指導員は講習会に積極的に参加し、最新の医学的知識や安全に関する知識の習得に努めます。

 以下に、備忘録として講習会の内容を記しておきます。

1 指導のあり方
指導者としての学びの継続。
指導者が学びを止めたとき、それは指導を止めるときだ。指導者は常に最新の知識を持って指導に当たらなければならない。古い間違った知識は払拭しなければならない。

年齢や体力に合わせた指導
 初心者にはまず受け身を教え、受け身ができたら次のステップに進む。受け身ができない子どもに乱取りをさせてはいけない。 世界大会に出場する選手の3割は中学校時代に全国大会に出場していない。小さい頃から活躍している選手だけが一流になるのではない。

指導者の品格
ジャージーを着たゴリラと言われないために
子どもたちは指導者を見て育つ。試合の時の応援態度に特に気をつける。
審判に文句を言わない、相手の選手を野次らない。やっちまえー、殺せーなど。

2 指導目標
小学生は長期計画のスタート。柔道だけではない。いろいろなスポーツをやらせ、体作りをした方がよい。
中学生は専門的な取り組みのスタート、性差への配慮。セクハラに注意。誤解されるような行為は行ってはいけない。
高校生は将来を見極めた指導。特に怪我への配慮が必要。

3 指導上の注意点
段階的な指導を心がける。初心者は何歳でも初心者である。高学年の初心者にもきちんと受け身から教えるべき。体力があるからと言っていきなり乱取りをさせてはいけない。

一本を取る柔道を教える。試合の勝ち負けにこだわりすぎない。

4 指導法
怪我をさせないために、体力作りと受け身をきちんと教える。
科学的な視点を大事にする。科学的な知識を得ることを止めない。餃子耳を作らせない。慢性的な痛みがある場合は医療機関を受診させる。気合いが足りないせいにしない。

5医学的知識
これからは、知らなかったでは済まされない。指導者として当然しておかなければならない知識がある。
頭を強く打つことによる重大事故が多い。その中でも急性硬膜下血腫が多く、死亡、重度障害などの重大事故になる。
頭を打った時はその後の選手の状態に細心の注意を払う。おかしいと思ったらすぐに救急車を呼ぶ。安静にさせるときは一人にさせない。

回転加速度損傷。揺さぶられっ子症候群。頭を直接打っていなくても脳に障害が起こることがある。

セカンドインパクト。一度ダメージを受けた脳が再び強い衝撃を受けると危険性が極めて高くなる。
危険だと判断したときは練習させてはいけない。
熱中症に注意する。
柔道の安全指導に、柔道という日本が世界に誇るべき文化の未来がかかっている。

6 実技
子どもの体力作りや受け身の習得のために遊びの要素を取り入れた指導方法を紹介していただきました。文章だけでは説明が難しいので写真を参考にしてください。
・アニマル
・クモ
・カエル
・カンガルー
・キョンシー
・ゴリラ
・ゴキブリ
・トカゲ
など
以上です。ご意見ご感想あればコメントをお願いします。

2011-09-04指導者講習会